日本の良さがわかる情報サイト


【緊急】伝染病で牛豚3万頭を殺処分(宮崎)



牛や豚が口蹄疫(こうていえき)という伝染病で3万匹近く殺されることが宮崎で起きています。
残念なことに今現実におきている真実です。

↓ここまでの流れまとめです


【殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い-宮崎】

宮崎県は4日、同県川南町の2件の養豚農家でそれぞれ口蹄(こうてい)疫の疑いがある豚が新たに見つかったと発表した。これらの農家が飼育する計1万8757頭の豚は全頭殺処分の対象となる。感染疑いの発生はこれで19例となり、牛や豚の累計殺処分対象は2万7772頭となった。
県畜産課によると、3日に口蹄疫の症状を示す豚が川南町の2件の農家で見つかり、遺伝子検査の結果からそれぞれ3頭ずつ感染が疑われることが4日、分かったという。
このほか畜産関係者によると、同県えびの市の家畜の移動制限区域内で約300頭を飼育する養豚農家でも、所見で口蹄疫の症状が疑われる豚が同日見つかり、遺伝子検査の結果を待たずに殺処分を開始する予定という。
(2010/05/04-19:52)


4月21日:政府からの指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬等は「現地の組合が用意」したが、数が不足
4月22日:政府、副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」
4月25日:新たに4頭の感染が確認。殺処分の対象は1000頭を突破、過去100年間で最多を記録
4月27日:東国原宮崎県知事、赤松広隆農水相や谷垣禎一自民党総裁に支援を要請
4月28日:国内初の「豚」への口蹄疫感染疑いを確認
 →【自民党口蹄疫対策本部長である谷垣自民党総裁、現場を視察】

4月29日:農林水産副大臣が宮崎県に出張。ただし【現場には入らず生産者への面会もなし】。27日の知事が上京した時にした話を再び聞く

4月30日:自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目にわたる対策要請の申し入れ
 対応を予定していた【鳩山由紀夫総理・赤松農水相は、当日になって予定をドタキャン】
 夕刻、【赤松農水相、コロンビア・キューバへの外遊へ】

 -「この時点で国から宮崎県には、一箱も消毒薬が支給されていない」

5月1日 宮崎県、【自衛隊に災害派遣要請】を行う。家畜の殺処分は8000頭超へ
5月3日 宮崎県、感染例17例目確認 殺処分9000頭突破
5月4日 宮崎県、感染例19例目確認 殺処分2万7772頭突破

 -自民党が6日、7日に委員会を立てるよう要求するが休みだからと拒否



▼口蹄疫って何?
口蹄疫(こうていえき、学名:Aphtae epizooticae、英語: Foot-and-mouth disease、通称FMD)は、家畜の伝染病のひとつ。偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病。日本では家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛、鹿、羊、山羊、豚、猪。人には感染しない。OIEリストA疾病

ウィキ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E……4%E7%96%AB

mixi↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4993025

感染すると発熱、元気消失、多量のよだれなどがみられ、舌や口中、蹄の付け根などの皮膚の軟らかい部位に水疱が形成され、それが破裂して傷口になる(但し、水疱が形成されないケースも報告されている)。「口蹄疫」という病名はこれに由来する。
確認され次第、家畜伝染病予防法に基づいて全て速やかに殺処分される。本疾病に対して治療が選択されることは基本的に無い。






▼世論を高めないと国が動いてないので
少しでも関心をもってもらえたらぜひこのニュースを広めてください
この日記に対するリンクはコピペは自由です

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode