日本の良さがわかる情報サイト


MMS 副作用と注意点



【 副作用 】
副作用は特にありませんが、以下のような症状が出る場合があります。

  • 吐き気、胃のむかつき
     理由:解毒作用が早すぎて、体がついていけないために起こります。
     対策:急に摂取量を増やさない。
     備考:私は胃薬を飲んだりしてましたが、いつのまにか胃のむかつきはなくなりました。胃の中にピロリ菌がいたんだと思います。(たぶん消滅した)

  • 下痢
     理由:解毒作用によって、体内の毒素を排泄するために起こります。
     対策:通常はガマンできる範囲なので大丈夫です。急に摂取量を増やさないように。
     備考:コードネーム「MB(水便)」 でも、出してしまえばスッキリ

  • 倦怠感
     理由:解毒作用に体力を使うから?(推測です)
     対策:摂取量を急に増やさない、摂取を中断する。長時間睡眠を取るよう心がける。
     備考:私は急に摂取量を増やしてしまったので、1週間くらいは非常に眠かった。



【 注意点 】
  • ビタミンCと同時に摂取するとMMSの効果が低減します。
  • MMSをそのまま単独で使用しないで下さい。
  • 説明している滴数より多くしたり、大量に使用しないで下さい。
  • お子様の手が届かない所に保管して下さい。
  • MMSが万一皮膚についたり、または目に入った場合は、すぐに水洗いして下さい。
  • 直射日光を避け、冷蔵庫および暗所に保管して下さい。
  • 万が一MMSをそのまま飲んでしまった場合は、大量の水を飲んで下さい。

処方薬を服用されている方でもMMSを服用してもかまいませんが、医薬品を解毒・中和して効果が低下するかもしれません。
処方薬を服用される2~3時間前か、服用後2~3時間待ってからMMSを服用して下さい。


トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode