日本の良さがわかる情報サイト


[政治] 菅談話:返還した朝鮮古文書とは



菅総理が談話で言っていた朝鮮王室の古文書とは、、

簡単に説明すると、
・もともとの原本は朝鮮王朝が持っていた
・紛失のため、原本1部、複写2部、合計3部 存在していた
・複写のうちの1部を 日本の皇室に寄贈した
  ↓
・朝鮮政府が原本を紛失
  ↓
・なぜか「日本に略奪された!」と言い出す
  ↓
・菅首相「ごめんなさい。返します。」
  ↓
・日本国民 ( ゚Д゚)ポカーン


■ 朝鮮王室儀軌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朝鮮王室儀軌(ちょうせんおうしつぎき)は李氏朝鮮時代の国家主要行事を文章や絵画で記録した文章類の総称である。
2007年にUNESCOの世界の記憶に指定された。

また、この日本側の写本は五台山史庫の原本を元に作られた物で1922年に朝鮮総督府を経由して皇室(現宮内庁)に寄贈されたものである。
もともと李氏朝鮮王朝は記録を紛失しないように3ヶ所の書庫に原本とその写本2部、合計3部を保存していたとされる。
この写本が日本に現存する物であるとされるが韓国には原本が既に存在していない。
また明成皇后国葬都監など、日本による併合後に編纂されたと考えられる儀軌も含まれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E……0%E8%BB%8C




■韓国側の主張

日本に略奪された「朝鮮王室儀軌」還収に

--どうして今になって還収を推進しているのか。

「朝鮮王室儀軌は1922年、朝鮮総督府が日本王宮の行政を担当する宮内庁に搬出した。現在、宮内庁皇室図書館に『明成皇后国葬図鑑儀軌』など72の儀軌がある。ところが国内ではこの事実を2001年に初めて知った。韓日国交正常化時、文化財返還が行われたが、儀軌に対しては韓国側が存在事実を知らなかったので、要請しなかった」

--日本の言い分はどうか。

「日本は当時、朝鮮を合法的に合併したので総督府が宮内庁に寄贈したことは合法的だと主張している。日本側も話にならない話だということをよく分かっているだろう。しかし以前には韓国側が、政府をはじめ民間でも返還を要求しなかったから自発的に返す必要性を感じることができなかったはずだ。いまは、日本側は我々の主張に耳を傾けている。ユネスコも略奪文化財に対しては積極的に返還を支持している」

ソース
http://japanese.joins.com/article/articl……§code=A10



息を吐くように嘘をつく・・・。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode