日本の良さがわかる情報サイト


[日本] 自衛隊にまつわる話 03



文芸春秋で自衛隊の面白い話が載ってた



自衛隊員A
「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」

自衛隊員B
「うえ、この間アブグレイブでイラク人虐待があったばかりじゃん、どうすんだよ」

自衛隊員A
「それが、どうも支援デモらしいぞ」

自衛隊員B
「は? 支援デモ? 私怨じゃなくて? そんなデモ聞いたことね?よ」

自衛隊員A
「俺もねーよ。ま、一応、本当に応援だった時の為に飲み物とアイスでも用意しておこや。暑いし」



デモ隊参上
彼らの持つ旗には自衛隊を支持する言葉が書かれていた



自衛隊員A
「うあ、本当に支援デモだ。おい、アイス配れ、冷たい水あげれ」

自衛隊員B
「アイス足らねーよ。弾幕薄いぞ、何やってんの。アイス追送頼む」



デモ隊
にこにこ顔でアイス頬張る、でもゴミぽい捨て。

自衛隊員
見かねてゴミを拾う。
すると、何てことでしょう、彼らもゴミを拾い出したのです。



そんなこんなで後日

米&英軍
「おい、こないだのあれ、いくら使ってやったんだ?」

自衛隊
「あれ?」

米&英
「あれだよあれ、支援デモ」

自衛隊
「あれは、住民が自発的にやってきたんだよ」

米&英
「ははっそんなわけあるかよ。吐けよ、同盟国じゃん」

自衛隊
「・・・・・・(やっぱ信じないよなあ、自分でも信じられないし)」



と、イラクではそんな感じだったらしいぞ。
小泉首相は間違ってなかった。自衛隊のいる所「が」非戦闘地域だわw

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode