日本の良さがわかる情報サイト


[政治] アメリカが本気で怒ってます



つい先日、アメリカからゲーツ国防長官が来日しましたが
日本政府があまりにもひどい対応だったため 激怒して儀仗礼をキャンセルしました。

これが、どれくらい激怒してるという意味なのか説明します。



「儀仗礼を断った」
通常ならば絶対に断るなんてことはありえません。
あってはならないほど儀仗礼とは重要なものなんです。

栄誉礼(えいよれい)とは軍隊が元首や高官を迎えるときに行なわれる儀式をいう。受礼者が栄誉礼を行うべき場所に到着したとき及びこれを離去するとき、儀仗隊等が受礼者に対して礼式捧げ銃の敬礼を行い、同時に音楽隊等が国歌等を奏することによって行なわれる。

要するに軍隊同士の歓迎の儀式なんですが
軍というのは命をかけた仕事だからこそ、平時には最大限に敬意を払い合うものです。
敵国同士でも行う儀礼ですから、同盟国ならなおさら「断る」という非礼なことは絶対にしません。

「儀仗礼を断る」= 同盟破棄・敵国認定に等しい行為なんです。



■アメリカを怒らせた経緯

アメリカ
「インド洋の給油を停止して、アフガン支援はどうするの?」
日本
「政権が変わったからインド洋で給油はしません!」
「そのかわりソマリアで給油します!」
(※アフガン支援してない中国と韓国にも給油する!)
中国
「じゃぁ、中国がインド洋で給油するアル!」
(※世界から中国の評価がUP↑/日本の評判ガタ落ち↓)


アメリカ
「沖縄・普天間基地の移転はどうすんの?約束しただろ?」
日本
「政権が変わったから再検討します。いつになるかわかりません!」
アメリカ
「1996年4月に首脳会談で約束したじゃないか!
いまさら何言ってんだ!! ヽ(`Д´)ノ 」


アメリカ
「日米共同のミサイル防衛計画は?予算確保とか大丈夫だろうね?」
(※ミサイル防衛はアメリカだけじゃなくてEU全体にも影響します)
日本
「政権が変わったから再検討します。いつになるかわかりません!」
アメリカ
「2006年6月の日米交換公文で約束しただろ?
いまさら何言ってんだ!! ヽ(`Д´)ノ 」




オバマ・民主党は政権が変わっても日本との約束をきちんと守ってます。
国と国が正式に取り交わした約束ですから当然のことです。
しかし、それを一方的に反故にしてるのが現民主党政権です。

その結果、当然ながらアメリカが激怒しました。
民主党政権がアメリカに喧嘩売ってるんですから当然ですが…。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode