日本の良さがわかる情報サイト


[政治] もし米軍基地がなくなったら



フィリピンの場合。

米軍駐留を認める代わりに基地使用料を受け取っていたんだが、協定更新に際し、政府の中の人が世論の反米感情を煽ることで

フィリピン政府筋
「ウチもねえ、こんなに反対論があるんですよ。もう少し色付けてくれませんか?」

ってな交渉を仕掛けたらしい。
で米側に増額を見事に認めさせたんだけど、暴走した世論に乗って議会が協定を否決。

フィリピン議員様
「うぉー俺たちは勝ったぞ!」

フィリピン政府筋
「orz」

そこへ

????
「あっ、ピナツボ火山が!?」

と大噴火があり、クラーク空軍基地が使用不能に。

米軍
「ふーん、良い機会だ、撤兵しちまおう_」
・・・

ってな流れだったかと。

あのフィリピンでさえ政府の中の人は割とまともで計算高かった。
世論と議会が馬鹿だっただけ。
一方の日本は・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、中国がフィリピンと領土紛争のあった南沙諸島に上陸、施設を建設

フィリピン政府
「アメリカはこの状況を放置しておくのか?」

アメリカ
「だって、フィリピンにもう米軍基地は無いもの」

な展開があったような記憶が。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E……8%E5%B3%B6

1995年に米比相互防衛条約が解消されると、中華人民共和国軍の活動が活発化し、フィリピン主張の島を占領して建造物を構築した。

2004年9月に、フィリピンと中華人民共和国が海底資源の共同探査で2国間合意成立。

2005年3月には、フィリピンと中華人民共和国の2ヶ国に続きベトナムも加わり、探査が行われている。

2007年11月中旬に中華人民共和国側が中沙諸島だけでなく、南沙、西沙の両諸島にまで行政区「三沙市」を指定したことをきっかけとして、同年12月にベトナムで「中華人民共和国の覇権主義反対」などと唱える反中国デモが行われた。

2008年1月に中華民国(台湾)が実効支配する南沙諸島最大の島である太平島に軍用空港を建設完成させる。滑走路は全長1150メートル、幅30メートル。その後、中華民国総統が視察に訪れ、フィリピン政府の抗議を受けた。



(コメント)
沖縄米軍基地がなくなった場合、フィリピンのように中国に侵食される危険性があるという具体例です。
沖縄の基地排除の前に、まずは日本の防衛費を増やすのが先でしょう。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode