日本の良さがわかる情報サイト


[日本] 中学生にもわかる皇室の歴史



■皇室の歴史は?

日本の皇室は初代の神武天皇から2669年間続いています。
世界中の国の中でも、こんなに長く王室が続いているのは「日本だけ」です。

どれくらい長く続いてるかというと
↓図の一番下「日本」を見て下さい。

a7b61293

他の国は革命で王が変わったり国が滅んだりしてますが、
日本だけは長い歴史のなかで ずーっと「日本」のまま続いてる証です。
本当にすごいんですよ!


■天皇陛下はどれくらい偉い?

現在、世界でただ一人“皇帝(エンペラー)”と称される人です。

[世界的権威の国際的な序列]
1.天皇陛下(emperor)※世界で1人だけ
2.ローマ法王(pope)※同列扱いなので在位期間による
3.英国女王(queen)
4.米国大統領等(president)
5.日本国首相等(premier)

天皇陛下は、「ローマ法王」「英国王家」と共に世界三大権威なのです。


■外国から見た天皇陛下の存在は?

ヨーロッパなど歴史のある貴族階級は「格式」と「礼儀」を重んじるため、
圧倒的に位の違う日本の天皇陛下に対しては最上級の歓迎をなされます。

例えば、アメリカ大統領がホワイト・タイの正装で空港まで出迎えるのは、
「天皇陛下」「ローマ法王」「英国女王」の3人だけです。
つまり、アメリカ大統領が最敬礼するのは天皇陛下含め3人だけなのです。
もちろん、エリザベス女王も天皇陛下と同席するときは上座を譲ります。
(※平気で失礼なことをするのは特アの2ヵ国くらいです。)


■天皇陛下の仕事は?

(1)祭祀
天皇陛下は日本全国にある神社(神道)の最上位の存在です。
つまり、日本中の神主さんの長(法皇)です。
天皇陛下は、2000年以上も日本国民の代表者として
五穀豊穣を願い、古代からのしきたりに則って、神々に祈りを捧げ続けています。

(2)国事行為・国際親善
天皇陛下にプライベートはありません。
生まれてから、天に召されるまで、日本国民のために尽くされる存在です。
また、驚くことに70歳を超えているにもかかわらず、朝早くから夜遅くまで
年間1000件もの超過密スケジュールなのです。(※宮内庁HPに出ています)


■エピソード

(1)エリザベス女王
エリザベス女王は君主と臣下のけじめにうるさい人ですが
初めて昭和天皇とあった時には緊張のあまり体の震えが止まらなかったそうです。

(2)フォード大統領
アメリカのフォード大統領訪日の際、昭和天皇に謁見したが、
そのカリスマに終始手を震わせた と帰国後に告白している。

(3)アインシュタイン
最後に、アインシュタインが80年前に日本へ予言を残しています。
天皇に関する記述が含まれています。必読です!

アインシュタインの予言

近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。

その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあがなければならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。

われわれは神に感謝する。
われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを


(祥伝社黄金文庫 「日本文明」の真価 清水馨八郎著より)




皇室の重要さが一番わかっていないのは、「日本人」なのかもしれませんね。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメント(12)

aru より:

小沢とかなんやらが意味のわからないことをやって
混乱している今こそ正確な認識が必要だと思います。
そうしなければ天皇陛下や我々もただの韓国・中国
の奴隷になりさがってしまいます。

管理人 より:

そのとおりだと思います。
日本人は日本の歴史を知らなすぎます。
日教組から教育システムを取り返さないとだめですね。

しわす より:

初めまして。ミクシーよりやって参りました。「アインシュタインが80年前に日本へ予言」に関しましてコメントさせていただきます。私はアインシュタインを好きで彼の理論や名言など大いに関心を持って接してきました。で、彼の「日本への予言」と言われる言葉は数年前に初めて接して驚いたものです。その後そのことに興味を持って色々調べてみました。で、行き着いたのは、この予言は、アインシュタインの名を借りた日本人の創作だろうと言う事です。確かにアインシュタインは親日家で知日家ですが、彼が日本に滞在した大正11年の年末(11月20日あたりから12月26日あたりの40日前後の期間)で日本の印象をメモに残しています。そのメモの全文が「アインシュタイン講演録」という私の手持ちの本に載っています。その末尾部分にフィクションで若干の加筆をしたものが「日本への予言」です。

私は日本も天皇もアインシュタインも好きですが、過度なフィクションに対する警戒心は必要であろうと思われます。でなければ、せっかくの自説が不必要に価値を落としてしまいますので。

詳しくは、『萬万報』の次のページをご覧になってみて下さい。
「アルベルト・アインシュタインと日本」
http://www.yorozubp.com/0502/050228.htm

「萬万報 アインシュタイン 日本への予言」での検索結果も添付させていただきます。
http://www.google.co.jp/custom?hl=ja&amp……80&lr=

管理人 より:

コメントありがとうございます。

歴史に「絶対」はありませんので、ひとつの説としてお聞きします。
そのうえで、私が思うことを下記に書かせて頂きます。

■中澤英雄氏の思想
氏は「九条の会」に所属する方です。
調べたところによると、中澤氏の反論と時を同じくして朝日新聞も記事として取り上げ「捏造だ」という情報を流布しています。

これは私個人の推測と反日思想団体の行動パターンの統計になりますが、「九条の会」と「朝日新聞」が団結して日本を貶めるような報道をした場合、ほとんどが「嘘」です。


■中澤英雄氏以外の否定派
否定派の一説としては有名ですが、中澤氏以外の研究者で否定している人は私は知りません。
捏造であることが明白なら、もっと多くの研究者が主張しているべきだと考えます。


■国立国会図書館の記録
中澤氏は
「有名になったのは、雑誌『改造』のために書かされた『日本における私の印象』というエッセイであるが、この中には、天皇や日本の国体に対する言及はない。」

と書いていますが、記録では

「1922年 アインシュタインの来日中に雑誌『改造』アインシュタイン特集号は増刷され、第3版と第4版には改造社社長宛の書簡のものとして記載があるのを国立国会図書館で調べた」

「滞在中は常に山本社長が随行し、夫妻とは家族ぐるみの親しい間柄となる。」

と書かれています。初版と第2版には記載がなかったかもしれませんが、第3版と第4版にはあったとする記録があります。
これが事実なら中澤英雄氏の主張する「今村均著『祖国愛』から引用した」という説は、年代の前後関係に矛盾が起こります。


■推測による否定
中澤氏の論文は、随所に「推測による断定」が多いように感じます。
(例)
・社会主義者だから、こんなことを言うわけがない
・皇后陛下の謁見を賜わったが目立った記録はない。
 だから天皇制に関心を示すはずはない。

それ以外にも
「アインシュタインの目が常に日本の一般民衆に注がれていたのに対し、「一系の天皇」「尊い家柄」「尊い国」を強調する、典型的に右翼的な発想である。」

と中澤氏が書かれていますが、これは明らかに

 天皇=右翼思想

と断定している明白な証拠であり、中澤氏の思想が偏っていると思わざるをえません。
(※天皇を尊重すること自体は右翼思想では有りませんので)


簡単に書かせて頂きましたが、私個人的に見ても中澤氏の論文は、そのまま信用するには値しません。
また、「捏造論」もあるのと同様に「捏造論否定派」も存在します。

一部の意見だけを信用して「捏造だ!インチキだ!」と断定するのは早計だと思います。

しわす より:

お互い、アインシュタインに確認したわけでもないので、両論併記が平和でよろしいのかと思います。

私は左派でも右派でも左翼でも右翼でもありませんが、GHQに日本否定戦略に完全に洗脳されたかのような旧来の日教組の体質など好きではありません。要は、ノンポリと言うことです。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」だと思っているタイプですので。

その上で、「アインシュタインの予言」は馬鹿馬鹿しいと思っているひとりの人間ですと言う事です。彼の言葉として合理性に欠けるなぁと感じた人間のひとりです、と言う事です。

ブログ主さんに楯突いても叶いませんので、コレで失礼いたします。
おじゃまいたしました。
このコメントが削除されないことを祈ります。

管理人 より:

削除なんてしません(笑
完全否定してるわけもありませんし、貴重なコメントとして残させて頂きます。
私も両論あって良いと思いますし、HPやブログを公開する人のスタンスや考え方によって判断も異なると思いますので。
ご意見どうもありがとうございました。

しわす より:

そうですか、素敵なご対応だと思います。
これを書きそびれましたので、書き残させていただきます。

自国の素晴らしさや価値をアピールするのに海外の著名人の言葉を借りる、とりわけ白人種の評価に喜び勇んで飛びつく日本人の傾向が、実に卑屈だと私には映ると言う事です。日本人のこういう傾向は、自民族がそもそも白人種族に劣っていることを暗に自認していることです。立場が変われば、相手を見下す傾向の表れだと私は思っていますので、見苦しくも感じると言う事です。

管理人 より:

なるほど、
私は白人に対してコンプレックスや卑屈さを感じないので分かりませんが、そのように考える方もいらっしゃるのですね。

でも、日本人が日本人自身にほめられて喜ぶ姿は…
なんとなく自画自賛のようで素直に喜べないです(笑

他国から見た違う視点で、日本の良い部分を素直に評価してくれたほうが嬉しいじゃないですか。

私は、卑屈に感じるよりも素直にありがとうと言いたいと思います。

しわす より:

(笑)
まぁ、かなり感覚も価値観も違うようですね。

私は私で、「『予言』をまやかしであろう」 と訴えたところ、「その主張主の出処進退を探り当て、同種の資料を並べ立て、左翼の言っていることは評価しない」という姿勢に、言葉とは裏腹に物事への多面的なアプローチを意識している方ではなさそうだなぁと感じました。(笑)

へぇ~、こんな反論の仕方がアルのかぁ~と驚きましたよ~。ではでは。

しわす より:

書きそびれました。
多面的、合理的、論理的、アプローチと言う事です。
多分に、情緒的なんですよね。多くの日本人は。
好みや価値観が同じであれば情緒的でインパクトがあるのでしょうが、
そうでない場合、多面的、合理的、論理的でなければ、説得力がありません。
「日本の良さが分かる情報サイト」と言っても。
少なくとも私には。

未成年 より:

初めまして。
私は今高校生なのですが、社会の授業が嫌いです。
社会は歴史も現代も好きなのですが、
私が知りたい日本の本当の過去は何処にも掲載されていません。
先生も先生で、「今の日本はGHQが作ってくれた」「アメリカが立て直してくれた」ましてや、「中国や韓国、みんなで平和になれればいいのにね」等とおっしゃっています。

今の日本がこんなにも平和なのは、GHQのお陰もあるでしょうが、それ以上に日本国民の頑張り、天皇陛下のお姿があったからなのではないでしょうか。そして、誰も好きで特亜と仲が悪いのではなく、ちゃんと譲れない理由があり、それを譲ってしまったら、日本が日本でなくなってしまうから、主張しているのではないでしょうか。

けれど、「国が近いんだから仲良くすればいいのに」や、そもそも感想も意見も持たず、日本について学ぶ気もなく携帯をさわっている生徒が沢山います。

私は自分の意見が間違っているのか、分かりません。

管理人 より:

こんばんは。

私も高校性の時は何の疑問もなく、今思うと「捏造」された歴史を習っていました。
今でも「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」が本当にあった事実のように教えられています。
*本当は捏造で事実ではありません

インターネットが普及して、やっと本当のことを知ることが出来るようになってきましたから、「嘘は嘘だ」ときちんと反論しながら、正しい関係を維持するべきだと思います。
そのためにも、学校で教えてくれない本当の歴史もしっかり勉強しておかないといけませんよね。

コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode