日本の良さがわかる情報サイト


[政治] 舛添要一の性癖 – 離婚3・愛人2・隠し子2





自民党を離党すると発表した舛添要一氏ですが、離婚3回、愛人2人+隠し子2人という経歴があります。

マスコミが舛添氏を好意的に報道するのには、何か裏の理由があるのでしょうが
マスコミの誘導に騙されず、冷静に判断しましょう。


引用:

噂の眞相94年5月号特集1
新生党出馬説もある舛添要一の金と女の周辺事情


(中略)
舛添センセイにとってネックとなりそうなのは、ほかならぬ女性問題である。
舛添の女好きはあまりに有名で、先の道知事選で候補として名前があがった際も、地元では即座に過去の女性関係を問題にする動きがもちあがったほど。

舛添はヨーロッパに留学中、フランス女性を見染めて結婚しているが、帰国後の81年に離婚。
また、86年に今度はミス大蔵省といわれた美人官僚と結婚するが、89年に再び離婚している。
いずれも原因は舛添の浮気といわれ、その後も週刊誌で何度も、女性問題が取り沙汰されている。

大蔵官僚との離婚の翌年には、大阪の深夜番組にレギュラー出演していた際に知り合ったテレビ制作会社の女性スタッフに手をつけたあげく、自分の秘書に強引にヘッドハンティングするという一件もあった。
また、有名人との噂も絶えず、番組で共演した蓮舫にプロポーズしてみたり、最近では高市早苗や小池百合子を口説いたとの噂も流れている。

しかし、なんといっても決定的だったのは、二人の愛人に次々と子供を産ませていたことだろう。
一人は舛添が離婚前から、愛人関係にあったHサン。
Hサンは現在、38歳で英語の堪能なキャリアウーマンだが、舛添が離婚する直前の88年に男の子を出産。
それから2年後の90年暮に舛添が認知している。

ところが、舛添は、この認知届け提出とほぼ同時期の90年暮、今度は別の女性・Sサンとの間に女児をもうけているのだ。
Sサンもやはり現在、38歳。企画会社を自分で経営しているキャリアウーマンだ。
舛添とは彼の関係する会社で働いていた時に知り合ったという。
このSさんとの間にできた子供についても、舛添は91年に認知している。


しかし、彼女たちに対する舛添の態度を見る限り、とてもじゃないが「責任をとる」などとよべるシロモノではないのだ。
現在では一応、二人の子供を認知して、養育費を支払っている舛添だが、これも実は当時、北海道知事選を前に醜聞発覚を恐れて、不承不承、認めたというのが真相らしい。

愛人だった女性の一人・Hサンの母親が不在の娘にかわって、今も憤懣やる方ないという調子でこう話す。

「舛添は最初からずっと『俺は絶対に認めない!』と言い張っていたんです。
 それが北海道知事選の話が出たとたん、急に認知すると言い出したんですから、ひどい話です」

「舛添からは一切連絡はありませんし、こちらからは本人に連絡がとれないんです。
 すべて事務所の人を通してという形です。
 この間も子供が高熱をだして大変だった時、電話だけでもしてくださいと頼んだんですが、それすらなかった。
 自分の子供だというのに、血も涙もない男ですよ」


「舛添は女性を気に入ると、『結婚しよう』を連発して口説きまくるんです。
 ところが、飽きたらすぐボロ雑巾のように捨てて知らんぶりを決め込む。
 これじゃあ、トラブルにもなりますよ」(前世・テレビ関係者)


「舛添事務所にはスタッフが 10人ほどいるんですが、その大半は若い女性。
 舛添は彼女たちにも次々と手をつけているようなんです。
 本人はハーレム気どりなんでしょうが、公私混同もいいところですよ」(週刊誌記者)


http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/334.html

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメント(2)

qop より:

事実です。結婚してる時に、別の女性(愛人)と子供を作りました。2度もです。

この件については、結婚していた、片山さつきさんに同情します。

舛添氏は、人としてどうなんでしょうか。

なんたるちあ より:

政治をする人はもう少し清潔であって下さい。人さまの上に立つには、桝添さんは、汚すぎるところがあるようです。女性に対してもう少しきれいであって下さい。

コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode